MacOS X

mbed HRM1017とANCSとiBeaconとiPhoneと


2014/7/6 名古屋市でmbed HRM1017座談会というのがありました。

そこで、HRM1017というのがどんな感じなのかの説明を受けて、ほんの少しだけ開発っぽいことを(手ほどきを受けながら)行ってきました。
雑談もBLE/ANCS、Androidどうしよう?など、色々な話題で盛り上がりました。

概要説明でも

「医療機器など命に関わる製品としては使用しないで下さい」

「mbed HRM1017を組み込んで、『最終製品』として使用する場合は、Bluetooth SIGに申請する必要がある。お金も払う必要がある。
要は、申請を簡便にしました!ということ」

「mbed HRM1017を『そのまま』使う場合は、おっけー」

「あくまでも、mbed。製品として精密な要求がされる場合は、専用にガッツリ作り込んだモノが良いですとのこと」

「今現在、mbed HRM1017 は Peripheralにしかなれません。Centralになるには、Nordicさん待ち。とのこと」

「mbed HRM1017でANCS可能」

などなど。

BLEの内容(ブロードキャストだとどうだとか、ペアリングした場合にこう変わるよとか、BLE。Androidの国内メーカーは糞という結論に、とか)に関して も少し教えて頂き、今年一年で1番の収穫と言っても良いくらい、楽しい時間になりました。

で、mbed HRM1017を1つ購入させて頂き、家に帰ってからANCSを動かしてみようと奮闘していたのですが、クロックがnRF51822とは違うため、mbed.orgに登録されて いるnRF51822ベースの(BLE_ANCS_SDAPI )ものでは動きませんでしたが、そこもTwitterで教えてもらえ無事に動かすことが出来ました。


では、実際に ANCS(Apple Notification Center Service) で iPhoneに来た通知を mbed HRM1017 へ送ってみましょう。

mbed HRM 1017 は Mac と USB Micro B で繋ぎます。
mbed コンパイラーで、Platformの設定を nRF51822に設定しておきます。



@ytsuboi 氏が https://mbed.org/users/ytsuboi/code/BLE_ANCS_SDAPI_IRC/ で既にクロック設定済みのものを公開されているので、こちらを使わさせて頂きます。

出来上がった hex ファイルを mbed ドライブへコピーします。

Macとmbed HRM1017はUSBのMicro B で繋がっているハズなので、CoolTerm で mbed側のコンソールを見られるようにしておきましょう。

iPhoneのBluetoothをONにして、mbed HRM1017とペアリングさせます。

ペアリングが完了したら、iPhoneに通知を送ってみてください。
iPush Testというアプリが便利です。このアプリから通知を送る場合は、Local Push Testのボタンを押して下さい。
他の通知を使う場合は、テキトーに、FaceTime、Twitter、Facebook、iBeaconなんでも良いです。iPhoneに通知さえくれば。

iPhoneへ通知が来た瞬間に、mbed HRM1017へ同じ通知内容がコンソールに表示されれば成功です。



とても楽しいガジェットですよ〜。
あくまでも、ガジェット。お遊び用ですが。
このページの先頭へ